3月初旬の鈴木のリゾート日記(こちら)で顔に見えるシリーズが復活!となっていました。

実はブログ一覧の中の「顔に見えるシリーズ」の存在には気づいていてはいたのですが、入社以来だれもこのカテゴリーには投稿せず、気になっておりました。かといって誰にも詳細を聞けずモヤモヤした日々を過ごすよりほかありませんでした。

というのも自分の人生において、2度、顔に見えて仕方がなく、誰かに言いたかったけれど誰にもいうことが出来なかった「顔に見える!」があったのです。


1つは2010年、自分が大学生で一人暮らしをしていた頃に見つけました。
キッチン向かいの壁からどこを見つめるということもなく無表情なまま、たたずんでいました。
20150322-1.jpg

このコンセントロボ(?)がいなかったら、レンジを使いながら同時に電動歯ブラシを充電することが出来ませんでした。
20150322-2.jpg

2つ目は2014年、実家の玄関で発見しました。可愛げあふれる容姿でパタパタと両手、両耳を動かしていそうな雰囲気です。
20150322-3.JPG

これからどんな過酷な運命が待っているかも知らず、純粋な眼差しでこちらを見ているようです。両親がきちんと古紙再生紙の日に出していれば、どこかでまた姿を変えて頑張っていることでしょう。
-----------------------------------------

さて、これからは湯沢で見ることの出来る「顔に見えるシリーズ」をお伝えしていきたいです!