こんにちは、
母が作った酢豚にバナナが入っていて
びっくり仰天の釼持です。
とろけた感じで甘酸っぱく、嫌いじゃなかったです。

*

湯沢町から山を隔ててお隣、日本有数の豪雪地帯十日町・津南の越後妻有の里山を舞台に、
3年に1度開催される世界最大規模の国際芸術祭、「大地の芸術祭」。
「人間は自然に内包される」をコンセプトに様々なアートが里山とともに在ります。

展示のひとつである、「うぶすなの家」。
やきもの美術館・レストランに生まれ変わった古民家で、
3月初旬、毎年恒例のひな祭りが催されています!

ひな祭り.jpg

VITA倶楽部ではこの「うぶすなの家」でお雛様を愛で、
郷土色豊かなおいしいお料理をいただき、アートを巡るツアーを企画しています:heart:

かやぶきの古民家をやきもので再生させた「うぶすなの家」に
飾られるお雛様は地元地域から集められた古いお雛様。
雪山への春の到来を思わせる、明るく淡い色合いが魅力の寺井陽子さんの陶芸作品の展示。

昼食に地元のお母さんたちが腕を振るう特別メニュー「ひな祭り御膳」をいただき、
光のアーティスト、ジェームズ・タレル作 光の館絵本と木の実の美術館
里山現代美術館としてリニューアルしたキナーレと、
アートを堪能する旅となっております。

湯沢町よりもさらに雪深い、真っ白な越後妻有の芸術の里へ出かけてみませんか:heart:

ツアーの詳しい日程・ご案内はこちらから (PDF) ↓↓
VITA倶楽部 春間近の大地の芸術祭の里をめぐるツアー

ツアー代金は、越後湯沢駅からのバス代・昼食・作品鑑賞料・ガイド料込みで、
お一人様¥7,800。
3月10日分は締め切りましたが、3月16日(土)実施分はまだまだ募集中です!
募集締め切りは3月8日(金)です。

お問い合わせ・お申し込みは
★株式会社ひまわり湯沢店 TE : 025-785-5575  まで!


大地の芸術祭 公式HPは → こちらから