過ごしやすい季節となってきました。
みなさまにおかれましてはいかがお過ごしでしょうか。

秋は「食欲の秋」ということで、旬の美味しいものが多くなってくる季節ですね。


越後湯沢駅の駅ナカにはがんぎどおり(雁木通り) たべあるき横丁という通りがあります。

がんぎ(雁木)というのは雪よけのために商店などの店先に設けられた
屋根のことで、現代でいうアーケードといったところでしょうか。

20141011-1.jpg
雁木通り(新潟県上越市高田地区)

ちなみに、新潟県上越市(旧高田市地域)にある雁木は、総延長が16kmと現存する
雁木の長さでは日本一だそうです。(Wikipedia調べ)

ちなみにちなみに、青森や秋田では名称が違っていて、こみせ(小店)と呼ばれるそうです。


この食べ歩き横丁に行けば、丼もの・おにぎり、そば、お寿司、ラーメンにカフェ、イタリアンなど
バラエティーに富んだものを食べに行くことが出来ます。(書いているだけでお腹が空いてきました。)

CoCoLo湯沢 フロアガイド

個人的にはお寿司が好きで、食べに行きたくて仕方が無いのですが、そう滅多なことでは行けません、、、

回転寿司 本陣 DINING

江戸時代では寿司は今で言うファーストフードだったようで、小腹が空いたときに屋台に立ち寄り、さっと食べて、すっと出る、という感じだったようです。江戸時代がうらやましい、、、


まとまりのない文章となっていしまいましたが、
みなさま、是非、駅ナカの雁木通りに行かれてみてはいかがでしょうか。