房総店ブログ

千葉・房総(南房総)のマンション・別荘を取り扱うひまわり房総店の社員が日々更新しているリゾート日記

御宿からヒラメ釣り 田熊バージョン田熊

b160301


















田熊です!

先日、藤江のブログにもあったように、今シーズン初めて釣り船に乗りヒラメ釣りに行ってきました!!

初めて乗った東京本部の佐藤をみていると、自分自身が初めて船に乗った頃を思い出しました。

今となっては、全く酔わなくなっており酔い止めを忘れても平気なくらいになりましたが、初めの頃は船が漁港内を出る前には酔っていて、大変苦しい思いをしました・・・。

それから、しばらく船からは遠ざかっていました。そのことを、船釣りが趣味だというお客様に伝えると、良く効く酔い止めを教えて頂きました。ちょうどその頃、友人に船釣りに誘われ、その酔い止めを飲んで船に乗ったら全く酔わずに楽しむことができ、現在に至るといった感じです。

まだ、船酔いをしていた頃同じ船にのった方が、新聞を読みながらワンカップを飲んでいる姿をみて、本当に超人かと思いましたが、今では飲食はもちろんの事、多少二日酔い気味でも平気になりました。

さて、この日の事前の予報では北の風が強く、この二日ほど前まではヒラメの餌となるイワシが大分沿岸に寄っていたが、少し離れていってしまっていて、残っているイワシも大分小さいとのことでした。

船に乗る前から期待の薄さは否めませんでしたが、どんな状況でも釣ってやると事前に色々調べ当日を迎えました。

いざ、沖に出てみると予想通り北よりの風が強く、予報より波が出ていました。(サーフィンの方が楽しいかも)

初めての佐藤や、初心者の藤江が気になりましたが、なにより今晩の宴会のお刺身をゲットしない事には話にならないので、取敢えず一枚釣れてくれ!と願いを込めて、勝負の一投目で1キロくらいのヒラメを釣ることができました!!

取敢えずお刺身はゲットできたので、佐藤のフォローに入ったのですが既に目がうつろになっており、とても釣りどころではない様子・・・。しかし、佐藤の竿先には明確なあたりが有ったのを私は見逃しませんでした。
ゆっくりリールを巻き上げてくると、小さいながらヒラメが着いており、船頭さんにたもですくってもらい無事佐藤も釣り上げる事ができました。
せっかく東京から来てもらってボウズで帰すのも申し訳ないと思っていたので、私もほっとしました。

後は自分の釣りに専念するのみです!

すぐにもう一枚先ほどと同じ様なサイズのヒラメが釣れたのですが、後が続かない・・・。

すると、私たちは左舷に座っていたのですが、右舷に座っていた方が2.5キロくらいのヒラメを釣り上げました。

くやしい・・・。ヒラメがいるのは分かっているのに釣れないという事は運ではなく腕の問題になってきます。

捨て糸を短くしてみたりと、いろいろと試行錯誤をしてみたところ、ようやくアタリが来ましたが、明らかに小さいサイズのアタリです。しかし、昨シーズンまではこのアタリがあった時に合わせ切れずに何度も、ばらしてしまい数を伸ばすことができずにいましたので、慎重にやり取りをして、リリースサイズですが2枚追加することができました。
b160301-3























ヒラメは、魚屋さんに持っていきキレイにお刺身にして頂きました。これは本当に美味しかったです。

日本料理は包丁で味が変わると言いますが本当に実感しました。

今回一番勉強になったことは「魚が釣れたら魚屋さんにもっていく」です!!

金額も捌いて刺身にしてくれてツマまでつけてくれて1000円でした!しかもゴミも出ない。素晴らしいです!