アベイル白浜 ペット飼育及びペット同伴来館細則  
  【備考】 「ご相談・ご質問等は、鰍ミまわり房総店までお問い合せ下さい。」  

 

「アベイル白浜」」管理規約第18条に基づき定められた「アベイル白浜」使用細則より抜粋。

 
  第5条 (飼う事のできるペットの数)  
  居住者が飼うとのできるペットの数は、次の通りとする。尚、複数の種類を飼う場合において、頭羽数の合計が2を超えてはならないものとする。
(1)犬、又は猫については、2頭以内。
(2)小鳥については、3羽以内
(3)その他のペットについては事前に管理組合の承諾を得ること。
 
  第3条 (飼主の守るべき事項)  
  飼主は、次に掲げる事項を守り、ペットを適正に飼わなければならない。
(1)基本的な事項
ア.ペットは、自己の専有部分内で飼うこと。
イ.自己の専有部分または指定された場所以外で、ペットにえさや水を与えたり、排泄をさせないこと。
ウ.ペットの異常な鳴き声やふん尿から発する悪臭によって、近隣に迷惑をかけないこと。
エ.ペットは常に清潔に保つとともに、疾病の予防、衛生害虫の発生防止等の健康管理を行うこと。
オ.犬、猫には、必要な「しつけ」を行うこと。
カ.ペットによる汚損、破損、障害等が発生した場合は、その責任を負うとともに、誠意をもって解決を図ること。
キ.地震、火災等の非常災害時には、ペットを保護するとともに、ペットが他の居住者等に危害を及ぼさないように留意すること。
ク.ペットが死亡した場合には、適切な取扱を行うこと。
(2)他の居住者等に配慮する事項
ア.自己の専有部分又は指定された場所以外で、ペットの毛や羽の手入れ、ケージの清掃などを行わないこと。
イ.ペットの毛や羽の手入れ、ケージの清掃などを行う場合は、必ず窓を閉めるなどして、毛や羽等の飛散を防止すること。
ウ.犬、猫などが自己の専有部分又は、指定された場所以外で万一排泄した場合は、糞便を必ず持ち帰るとともに、衛生的な後始末を行うこと。
エ.廊下、階段、各階通路、エレベーター等では、ペットは抱きかかえ、又はケージ等に入れ、移動すること。
オ.ペットを散歩させる時は、植え込みなどに入れないこと。
カ.エレベーターを利用する場合は、同乗者の迷惑にならないように配慮すること。(エレベーターに先に居住者が乗っている場合は乗り込まないこと)
キ.バルコニーで給餌、排泄、ブラッシングなどの処理をしないこと。
ク.プール、プレイルーム、アスレチックルームに入れないこと。
 
     
    【備考】 「ご相談・ご質問等は、鰍ミまわり房総店までお問い合せ下さい。」