サイト内現在地: ひまわり 株式会社ひまわり ごあいさつ

ごあいさつ    株式会社ひまわりは、「質・量ともにリゾート物件流通の1」をめざしています。

  苗場酒造株式会社をグループに迎え

 新潟県中魚沼郡津南町にある苗場酒造株式会社の全株式を、昨年11月1日オーナー家である瀧澤様より譲り受け、私が代表取締役社長に就任し、ひまわり・エンゼルグループに迎えることができました。
 
 苗場酒造(瀧澤酒造より、今年9月商号変更)は、明治40年(1907年)に新潟県津南町に創業された酒蔵。環境庁の名水百選に選ばれた「龍ヶ窪」のある津南町で、日本百名山「苗場山」の伏流水を仕込み水とし、以後107年、主に津南・魚沼地方で飲み愛される、地元を代表するいわゆる「地酒蔵」です。

 残念ながら、瀧澤社長様と奥様もご高齢となり、ご子息も他の道を歩まれ、後継者不在で悩まれる中、何よりも会社の存続と発展、社員の雇用、お取引先様、長く飲んでいただいている愛飲家の方々の事を考え、当社をその後継者としてお選びいただきました。
 100年以上の長い歴史を当社に託された瀧澤様の祈るよう なお気持ちは、大変重いもので、改めてその責任に身が引き締まる思いです。

 おかげさまで幸いな事に、平成25酒造年度全国新酒鑑評会で金賞を受賞する事が出来ました。今までも、関東信越国税局酒類鑑評会において、過去10年間で8回優秀賞を受賞するなど、確かな技術力を持った杜氏や蔵人もおります。

 蔵人の宿泊施設もあった旧事務所棟を全面改築し、今年7月26日津南祭りの日にリニューアルオープン致しました。創業時より使用している築100年を超える酒蔵内には、杉の大樽や和釜をはじめ歴史博物館でしかお目にかかれないような昔の酒造りの道具もたくさんあります。2階の「津南蔵座敷」は、昔の蔵人の宿泊部屋を改装し、現在も宴会等で使用している大正6年の輪島塗のお膳等漆器の他、地元の書家平野壮弦先生が新ロゴ「苗場山」制作時に35通りに書き分けた書も見学できます。4月上旬から11月上旬の仕込み時期以外は、予約なしで酒蔵・蔵座敷の見学をお楽しみ頂け、冬の仕込み時期は応相談となっています。

 酒蔵経営にとって、酒質の向上と安定は最重要・最優先課題とし取り組んでいます。昨秋から新潟の名工にも選ばれた「新保英博」氏を杜氏としてお迎えする事が出来ました。設備面でも、0.1度単位で温度管理の出来るサーマルタンク5基の導入、麹室の改良等積極的な設備投資を行い、大吟醸酒や純米酒等の高品質なお酒を安定的に醸造出来るようになりました。

 私は、酒造りには全くの素人ですが、苗場酒造の社員の方々をはじめ、皆様の協力を得て、「日本酒文化の継承と創造」を目指し、当グループならではの今の時代に望まれる酒蔵経営に挑戦して参ります。
 皆様のご愛顧・ご協力をお願いいたします。

 苗場酒造株式会社 代表取締役 新保光栄




 冬休みも始まり、越後湯沢はスキーを楽しむ家族連れであふれ、街全体が賑やかに華やいで参りました。

 「株式会社ひまわり」は、リゾートマンション・別荘等リゾート物件および新潟県長岡エリアを主に取り扱う不動産会社です。
湯沢・軽井沢・房総・湯河原・熱海・伊東・山中湖の各リゾートエリアと東京都千代田区有楽町、新潟県長岡市2店舗の合計10店舗で営業しており、現在約1500件の売却物件と約800件の賃貸物件をお預かりしております。
 ご購入・ご売却・賃貸借はもちろん、気象・交通・食事・買い物・病院等、不動産業としてだけでなく皆様のリゾートライフのサポーターとして、何でもお気軽にお問い合わせ下さい。地元スタッフが心よりお待ちしております。

 私が「質・量ともにリゾート物件流通の1」をめざし、昭和63年6月に越後湯沢で創業してから早くも26周年を迎えることが出来ました。
 おかげさまで、第27期(平成26年8月末)は、売買925件・賃貸874件と大変多くのお客様にお取引を頂き、創業以来、売買12717件・賃貸9468件(本日現在)を取り扱うことができました。詳細につきましては、会社概要をご覧ください。
 厳しい時代に、今日まで大過なく営業できましたのも、お客様のご支援・ご愛顧あっての事と、あらためて感謝申し上げます。

 不動産・リゾート業界を取り巻く環境は大変厳しいものがございましたが、2012年12月の安倍政権発足に伴うアベノミクスによる、@日銀黒田総裁による大胆な金融緩和と円安誘導、A積極的な財政出動、BTPPの交渉参加をはじめ民間活力による成長戦略等により、明らかに不動産を取り巻く環境は好転しました。
 東京オリンピックの決定等あり、9,000円だった株価も乱高下はあるものの、最近は18,000円を突破する等わずか2年で倍以上に高騰し、公示地価の発表によれば不動産市況も値上がりの地点が増えるなど、一時のデフレによる閉塞感も収束し、明るい兆しが見え始めました。
 アベノミクスの継続を争点に先日行われた総選挙では、与党が325議席68%以上と勝利し、さらに安定政権による社会の安定と経済成長へ向けて大きな力を得てものと期待しております。
 心配しておりました、今年4月の消費税率引き上げの影響も、悪い指標はあるものの、消費税の先送り等により今現在は想定内に収まっているようで、自信を持たれた会社経営者の方をはじめ、時間と経済に余裕が出来た団塊の世代の方々も、デフレで下がりきっているこの時期に納得の物件を安値で購入したいという実需も強く、株価同様下げすぎた価格の修正も一部では出始めています。駆け込み需要の反動もおさまり、売買件数・価格ともは全般的に順調に推移しており、特にリゾート地として先行指標となる、軽井沢・熱海エリアでのお問い合わせ・契約件数は、高額物件を含め活発になってきており、優良物件では明らかに価格も上がって参りました。

 マンションでは管理を買えと言われるように、当社はかねてより、今の時代に求められるリゾートマンションの理想の管理・運営を模索しておりました。リゾートマンションの管理と、リゾートホテル「エンゼルグランディア越後中里」約330室の運営を主業務とする「株式会社エンゼル」を2009年8月にグループに迎え5年を迎えました。
 弊社の行うリゾートマンションの売買・賃貸業務と、株式会社エンゼルが長年に渡り蓄積してまいりましたマンション管理・ホテル運営のノウハウとが融合し、より魅力があり競争力のあるリゾートライフのご提案ができるものと考えております。

 以前から管理しておりました5棟1502戸を加え、新体制になってから新たに19棟1919戸(平成26年12月1日現在)の管理受託を頂き、合計24棟3421戸の管理を行うまでに成長することができました。
 「共同管理方式」を中心に、一定のレベルを保ちながらも、管理費を下げる努力・研究も精一杯行ってまいります。
管理でお悩み・ご相談のある方は、是非お気軽にご相談ください。

 当社をここまで育てていただいたお客様やリゾートエリアに、少しでも恩返しが出来たらと思い、リゾートエリアとリゾートライフを楽しみたい方のリゾートコミュニティー事業を模索しております。一昨年から「もっと湯沢を楽しむ」を合い言葉にリゾートオーナー様のコミュニティ「VITA(ヴィータ:イタリア語で生活や人生を意味します。)倶楽部湯沢」を発足致しました。
また、「VITA倶楽部湯沢」のクラブハウスとしても、旧「湯沢高原ビール」を2010年秋に取得し、、約1万坪の敷地を生かし、「本能の再生」をテーマとした「たきびの村」を開設し、暖炉や薪窯のある「だんろの家」を、2011年4月にオープン致しました。

 新潟県中魚沼郡津南町にある苗場酒造株式会社の全株式を、昨年11月1日オーナー家である瀧澤様より譲り受け、私が代表取締役社長に就任し、ひまわり・エンゼルグループに迎えることができました。
 苗場酒造(旧商号:瀧澤酒造)は、明治40年(1907年)に新潟県津南町に創業された酒蔵。環境庁の名水百選に選ばれた「龍ヶ窪」のある津南町で、日本百名山「苗場山」の伏流水を仕込み水とし、以後100年以上の長きにわたり、主に津南・魚沼地方で飲み愛される、地元を代表するいわゆる「地酒蔵」です。
 残念ながら、瀧澤社長様と奥様もご高齢となり、ご子息も他の道を歩まれ、後継者不在で悩まれる中、何よりも会社の存続と発展、社員の雇用、お取引先様、長く飲んでいただいている愛飲家の方々の事を考え、当社をその後継者としてお選びいただきました。
105年以上の長い歴史を当社に託された瀧澤様の祈るよう なお気持ちは大変重いもので、改めてその責任に身が引き締まる思いです。
おかげさまで幸いな事に、平成25酒造年度全国新酒鑑評会で金賞を受賞する事が出来ました。今までも、関東信越国税局酒類鑑評会において、過去10年間で8回優秀賞を受賞するなど、確かな技術力を持った杜氏や蔵人もおります。
蔵人の宿泊施設もあった旧事務所棟を全面改築し、今年7月26日津南祭りの日にリニューアルオープン致しました。創業時より使用している築100年を超える酒蔵内には、杉の大樽や和釜をはじめ歴史博物館でしかお目にかかれないような昔の酒造りの道具もたくさんあります。2階の「津南蔵座敷」は、昔の蔵人の宿泊部屋を改装し、現在も宴会等で使用している大正6年の輪島塗のお膳等漆器の他、地元の書家平野壮弦先生が新ロゴ「苗場山」制作時に35通りに書き分けた書も見学できます。4月上旬から11月上旬の仕込み時期以外は、予約なしで酒蔵・蔵座敷の見学をお楽しみ頂け、冬の仕込み時期は応相談となっています。
酒蔵経営にとって、酒質の向上と安定は最重要・最優先課題とし取り組んでいます。昨秋から新潟の名工にも選ばれた「新保英博」氏を杜氏としてお迎えする事が出来ました。設備面でも、0.1度単位で温度管理の出来るサーマルタンク5基の導入、麹室の改良等積極的な設備投資を行い、大吟醸酒や純米酒等の高品質なお酒を安定的に醸造出来るようになりました。
私は、酒造りには全くの素人ですが、瀧澤酒造の社員の方々をはじめ、皆様の協力を得て、「日本酒文化の継承と創造」を目指し、当グループならではの今の時代に望まれる酒蔵経営に挑戦して参ります。
皆様のご愛顧・ご協力をお願いいたします。

 「ひまわり建築・設計、建売事業」として、2008年3月開設し、建売アパート、建売住宅また、軽井沢での新築建売別荘も行い、 「真に豊かな、良品質低価格住宅」を目指し、別荘・住宅・アパートと、各種建売を中心に、今の時代のニーズにあった、また後世からも評価される、商品開発・商品供給を、これからもぜひやってみたいと思っております。
また、今年4月からは、湯沢エリアのリゾートマンションのリフォームについても、積極的に取り扱っております。

 
社は創業以来「大切な親戚・友人」にお勧めする気持ちでお客様と接してまいりました。
当社からお問い合わせ先へのご訪問やご迷惑な電話等は一切行いません。お気軽にお問い合わせ下さい。

私をはじめ当社社員はまだまだ未熟ですが、より高い専門知識と企業倫理感を持ち、プロとして実力のある信頼される会社を目指し精一杯頑張ってゆく所存です。
これからも、お客様に感謝の気持ちを持ち、基本に忠実に、一人一人のお客様、一つ一つの仕事をより丁寧に行い名実ともに「質・量ともにリゾート物件流通の1」を目指してまいります。

皆様のご支援・ご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。


平成26年12月28日

株式会社ひまわり 代表取締役 新保光栄


 
 
どんなことでもお気軽にお問い合わせください。Eメールはこちら。→
株式会社ひまわり  http://www.himawari.com/