伊豆長岡”与志富”!!

早川です。
伊豆長岡の中華料理店”与志富”を紹介しています。
長岡エリアは平坦地で伊豆で最大級の病院”順天堂伊豆長岡病院”がございます。
利便性が良く、温泉も豊富なため、人気のあるエリアです。
与志富は古くから、地元に人に愛されているお店の一つです。

厨房が見えるカウンター席に座りました。
醤油が燃える、良い香りがして、思わずニンマリします。

本日のランチです。
タケノコと豚肉の炒め物です。
ボリュームがたっぷりです。
野菜もしっかりとれるのでバランスも良いです。
こちらにアイスコーヒーもついて

850円(税込み)です。

本格的な中華ランチがこのお値段で食べられるのはうれしいです。

もちろん美味しかったです。

ごちそうさまでした。

麺匠うえ田!!

熱海市渚町のラーメンうえ田に行ってきました。
おなか一杯ごはんを食べたい時にはおススメのお店です。

コクがあって、こってりのラーメンです。
お腹が空いていたこともあって、一心不乱に食べておりました。

カレーか白米のサービスもあります。
もちろんカレーを頂きました。
このカレーも出汁がたっぷりと入っています。

ダブルの幸せで満腹です!!
ごちそうさまでした。

とんかつは 修善寺”野風増”へ

早川です。
美味しい とんかつが食べたくて
修善寺”野風増”へ行ってきました。

広い玄関には、河島英五さんが歌われていた、野風増の歌詞が飾られています。
じっと見ていると、歌声が聞こえてくるようでした。

木造つくりの店内は、木の香りがし、落ち着いています。
太い木の梁を見ていると、どうしても上って、そこから
下を見降ろしてみたいという欲望が沸いてきます。

上ロースを注文しました。
付け合わせのきゃべつが新鮮で、口の中がさわやかになります。
野菜が苦手な私でも残さず頂けました。

そしてお待ちかねのこの肉。
ただの肉でもおいしいのに、上ロースは・・・・
言うまでもありません。

それはそれは
言うまでもありません。

幸せが体全体に広がります。

足しげく通いたいと思います。

休憩は甘味処”間瀬”へどうぞ!!

早川です。

疲れている時や、ちょっと気持ちがトーンダウンしているときは
甘いものを食べることにしています。

特に熱海の甘味処”間瀬”の田舎しるこが好きで良く食べます。

先日、少し疲れていたので、早速伺いました。

お庭の見える席に座りました。

田舎しるこです。
小豆をたっぷり贅沢に使っているため、濃厚です。
甘すぎないので、何杯でも食べられそうです。
何よりも大きめのお餅に幸せを感じます。

皆さんもお疲れの時は、是非、お立ち寄りください。

ログハウスレストラン”シーガル”

早川です。
本日は私がとびっきり好きなお店を紹介します。
熱海市網代の”レストランシーガル”です。

今回も満席だったため、残念ながら、店内の写真はとることができませんでしたが、
”赤毛のアン”に出で来るような素敵な雰囲気のお店です。

私はこのお店の雰囲気が好きすぎて、20代の頃にバイトをさせて頂いた経験があるほどです。

ほうれん草のキッシュです。
フワフワで、口の中が喜びます。

白身魚のグラチネです。
黄色と緑の絶妙なバランスです。
シェフの人柄が伝わってくるような、優しい味がします。

いちごのタルトです。
イチゴをたっぷりと使っています。
私はケーキが好きでよく食べますが、
これよりも美味しいタルトを食べたことがありません。

情が深く、涙もろいママと
ただひたすら優しいシェフです。

いつ行っても満面の笑顔で温かく迎えてくれます。
行くたびに元気を頂きます。
本当にありがとうございます。

メニューに出ているものは、全てシェフとママの手作りで
びっくりするくらい、手間がかかっています。

嬉しそうにニコニコしながら下ごしらえをする
お二人の姿を見るのが好きでした。

今回もその温もりを感じるお食事を頂くことができました。

どうかいつまでも、お元気でと、願いながら帰ったのでした。

”新時・天煌”

早川です。
熱海市網代の”新時・天煌”へ行ってきました。
無性に脂がたっぷり入った定食をがっつり食べたかったので
四川料理店へ入りました。

スタミナがありそうな
”豚肉とキャベツの四川風味噌炒めを頂きました。
やはり、カロリーたっぷりの食事は美味しいですね。
”今更、少し位太ったところで、痛くもかゆくもないわッ”
と呟いてから頂きました。

もちろん美味しいかったです。
ごちそうさまでした。

”鳥料理専門店 多賀屋別邸!!”

早川です。
熱海市上多賀の”鶏料理専門店 多賀屋”へ行ってきました。

これからの温かくなったら、バルコニー席で食事をする人も増えてきます。

バルコニーからは長浜海水浴場を一望できます。
ビーチを見ながらの食事は贅沢ですよね。

親子丼専門店ランキング味の部門で一位を獲得した、一品です。
とろとろで、ふわふわの親子丼です。
周りの席でも注文をしている人が多かったようです。
”わぁ。幸せ。”
と言う声が、聞こえてきました。

私も幸せだと思いました。
美味しかったです。
ごちそうさまでした。

函南のかわいいパン屋さん”マリー” 

早川です。

今日は大好きなパン屋さんマリーを紹介します。
入り口から可愛らしいです。

パン屋さんの隣に雑貨屋さんがあります。

女性が好きそうな、柔らかい色の雑貨があります。

こんなに素敵な食器で、サラダの朝食を食べたら気持ちも上がるでしょうね。

そして、いよいよ目的のパン屋さんへ

入ると焼き立ての小麦の香りが広がっています。

ふわふわのパンです。

見ているだけでも楽しいですね。
もちろん食べましたけど・・・。

やはり美味しかったです。
ご馳走さまでした。

西麻布!!

早川です。
昨日、仕事で西麻布に行ってきました。

六本木から歩いたのですが、おしゃれな町並みで
都会で暮らすとはこういうことなのかと、しみじみ感じました。

お昼時だったので、ランチにすることに
古民家風の建物に入りました。

伺ったのは
権八 西麻布です。

普通の一軒家のような、引き戸の扉を開けると・・・・・・

そこは、夜の屋台村のようでした。

扉の表と外がまるで別世界で、少し後ずさりをしました。
大音量の音楽が流れていて、その中でも、たくさんの人の話し声や笑い声が聞こえました。

店の真ん中は、巨大な厨房になっていて、板前さんたちが、器や調理器具を片手に、勢いよく動き回っています。
ちょっと迫力があります。
夢の中にいるように錯覚します。

カルシウムたっぷりの野菜です。

チキンステーキ定食です。

ボリュームもあり、美味しかったです。

これで1,000円です。

久しぶりにワクワクしたお店でした。

ご馳走さまでした。

“いきなりステーキ”

早川です。
最近、若いスタッフの話し声に、”いきなりステーキ”というワードが聞こえてきます。
他の言葉はほぼ聞こえないのに、その部分だけが鮮明に聞こえます。
なんと素敵な響きなのでしょうか。

どのようなものなのか、詳しく知りたいのですが
気弱な性格が邪魔をしてとても聞けません。

密かに調べて行くことにしました。

”いきなりステーキ 小田原店”です。


いらないのですが、サラダが出てきます。

ワイルドステーキ 300gです。
本当は1ポンドが食べたかったのですが、世間体があるので
少なめにしました。

”わぁ とても食べきれない。”
と、ちゃんと周りの人に聞こえるように言ってから、食べました。

流石はステーキです。
もちろん美味しいです。

約1000円でこんなに美味しいステーキが食べられるとは。
できることなら、いかにも初めてくるような素振りで
もう1回 並びたいと思いました。

美味しかったです。
ご馳走さまでした。