清流・魚野川 マスドマリ(鱒止まり)

鈴木です。
日本全国猛暑が続きますね。
今日の湯沢も暑かったですよ~!
((・´∀`・))

いつもブログをご覧いただいているお客様に
感謝の気持ちを込めて、湯沢から清涼感あふれる写真で
気持ちだけでも涼んでいただこうと思い、
スーツにパンプスと大自然には似合わない姿で、
そして大汗をかきながら(このときの気温33度)、
ここ魚野川のマスドマリに行ってきました!
このあとのお客様のご案内が大変でした、、苦笑

この澄み切った魚野川の通称マスドマリ(鱒止まり)は
山奥にある川ではなく、岩原エリアと中里エリアを結ぶ、
身近な環境に存在する川なのです!

ちなみに写真加工は一切していません!

ドボン!と飛び込みたくなりますね!
地元の子供たちから大人気な夏の遊び場で、
私も小・中学生のころは自転車でここまで来て、
飛び込んだり、泳いだりしましたよ!

湯沢は東京から新幹線でも車でも
アクセスが良いうえに、
豊かで美しい自然が広がっています。
冬のイメージが強い湯沢ですが、
夏の山歩き・川遊び・満天の星空・朝晩は涼しい!・・・ので
これからは夏の湯沢に注目です!

こちらの魚野川マスドマリに近いリゾートマンションを
ご紹介いたします。
ホワイトプラザ湯沢フォーレⅡ
ホワイトプラザ湯沢フォーレ
ホワイトプラザ湯沢Vプラージュ
ホワイトプラザ湯沢リヴィエール
プリンスハイム湯沢
アーバンヒルズ湯沢リゾート

ひまわり30周年!鈴木20年!

鈴木です。

じゃん!

わたくし、入社して今年で丸20年を迎えまして、
ひまわりが加盟している宅建協会から、
勤続表彰をしていただきました!

20年・・・笑

この表彰状を見た、23歳の遠藤くんから
「す、すごいっすねー!」と驚きの声。

言わんとすることは、分かっています(笑)

++++

ひまわりに入社して20年。
人生の半分の時間を過ごしました。

思えばこの20年間、、、
社長や上司には厳しくそして温かく育ててもらいました。
同僚にも助けられ、部下にも押し上げてもらい、今の私があります。
また営業職として20年もの間たくさんのお客様を担当させていただき、
怒られたこともありますが、喜んでいただけたり、
今でも長くお付き合いさせていただいたりと、
お客様から学ばせていただいたこともたくさんありました。
本当に感謝しています。
まだまだ我慢が足りず反省の日々ではありますが
「継続は力なり」を信じて、これからは感謝の気持ちを込めて
「恩返し」を念頭にひまわりで歩んでいきたいと思います。

そして先月の6月4日で当社ひまわりも創業30年を迎えました。
ひまわりの30年の歩みがご覧いただけますので、
もし良かったら特設サイトもご覧ください。
▶▶▶ 特設サイト ひまわり30年の歩み

また創業30周年記念としてプレゼント企画もございます。
アンケートに答えていただくと、抽選で30名様に
金賞を受賞した当グループの日本酒である
苗場山 】をプレゼントしております。
こちらも良かったらご応募ください。
▶▶▶ アンケート応募

梅雨あじさい

梅雨ですね。
髪の毛がクネクネすること以外は、
雨も梅雨のお花も好きな鈴木です。

今朝、広告課の廣田さんにお願いして、
カメラで背景がボケるような設定にしてもらい、
会社の近くに咲いているあじさいを撮りに行ってきました。

背景ボケていないような・・・!?
カメラは難しいですが、
あじさいは本当にきれいです。

こちらのあじさいは花火みたいです。
色んな種類がありますね。

会社の近くは、青や紫のあじさいが多いです。
花色は土の酸度に影響すると言われていますよね。

・・・

あれ?
写真を良く見返してみると、
下の写真は背景がボケていませんか!?(嬉)

あぁ、仕事を忘れて、ずーっと眺めていたいです。

おっと、心の声がこぼれてしまいました(笑)
そうは言っていられないので、張り切っていきますよ!
今日は土曜日です!
ひまわり湯沢店では、売買のご契約が2件、
お客様のご案内が4件あります。

休日の皆さまも、お仕事の皆さまも
良き日になりますように。

では。

群馬県月夜野~沼田 ブラブラコース

月夜野
(つきよの)
ステキな地名ですよね。

平安時代の歌人・源 順(みなもとのしたごう)が
この地を通り「良き月よのう」と感銘を受けたことが
地名の由来と言われているそうです。

「良き月よの~」

つい、声に出してみたくなります。

群馬県月夜野は、ここ湯沢から関越道を36キロ、
約30分のところにあります。
先日、月夜野インターを下りてすぐの
一軒家レストラン「あすか」さんへ
ランチをしに行ってきました。

このかわいいのは「つぼやき」と呼びます。
8種類くらいある中から、私は好物の
「ホタテとエビ」を選びました。850円です。

車のクラクションと同じで、
こういうの丁度よく叩けません、、、
勢い余って飛び散らないように
おっかなびっくりで叩き割り、
中身が見えてきましたー!


中身はとろ~りとした濃厚なホワイトシチューです。
パイ生地はよくありますが、こちらはパン生地です。
シチューとパン生地がとても合っていて、
おかわりしたいほどでした。

私はプラス900円で、スープ、サラダ、
デザート、コーヒーをつけましたよ!


食後は月夜野から車で30~40分のところにある
群馬県沼田の「吹割の滝」へドライブ&散策へ行きました。

そそり立つ岩壁。
般若に似ているところから般若岩(はんにゃいわ)と
呼ばれているそうですが、私は「モアイの横顔」と名付けました。
いちいち名付けるところが面倒なヤツですか!?笑

感心して上ばかり見ていると、足元があぶなくなります。
友人に「川に落とすフリはしないでね」と、、、
フリですら体勢を崩して川へ落ちてしまうタイプの私なので、
あらかじめ注意を促し、遊歩道を歩きました!

ここが「吹割の滝」と呼ばれるところです。
気持ちよく川からの天然ミストを浴びて気分爽快です。
遊歩道も整備されていますし、吹割渓谷を一周しなくても
途中で折り返せるので、次は夏に母を連れて行ってみようと思います!

※吹割の滝は観覧料は無料ですが、
近くの駐車場は有料のところが多いです。
(500円だったかな?)

湯沢・苗場のマンションオーナー様なら
ご存知かも知れませんがこちらのコース!
初夏~夏にオススメです!

★レストラン あすか
★吹割の滝

山菜の季節になりました~!

鈴木です。
ここ越後湯沢でも春らしい陽気になりました。
木々の緑が日毎に色濃くなり、植物に花が咲き、
この季節は本当に美しいなぁ~と思います。
毎朝目が覚めるのが楽しみです。

さて、先日。

総務課のケンモツさんから湯沢店のスタッフに
こんなものをいただきましたよ!

まずは山菜。「こごめ」です。

色が綺麗で粒ぞろい!
こちらはケンモツさんのお父さんが山で
採ってきてくれた採りたての山菜です!

細かい密集帯が苦手な私は、
この写真もそうですが、実際に茹でているときも
鍋の中を直視できなかったです(苦笑)


おひたしでいただきました!

ちゃんと私も料理をしているんだと、
隣の席の樋口さんに張り切ってアピールをしたら、、、
これは料理とは言えない、これは、これは、、、
「どちらかと言うと煮沸ですね」と涼しい顔で言われました。

・・・。

気を取り直して、ケンモツさんから
山菜に続き青菜もいただきましたよ!
こちらはケンモツさんのお父さんが作ったお野菜。

ウインナーとかを入れて、炒めてみました。

青菜はケンモツさんがパスタにしてもいいですよと
言っていたので、聞いた通りに作ってみました!


美味しかったです!

青菜の炒めもの、パスタ。
もう煮沸とは言われないと思うので、
このブログを見た樋口さんがなんて言うか今から楽しみです。笑

ここ数日間はケンモツづくしで楽しめました!
ケンモツさんありがとうございます。
お父さんによろしくお伝えください!

春本番。緑を食べる季節になりましたね!
皆さんもそれぞれの春を楽しみましょう!

かぐらスキー場に行ってきました!

雲海の中に滑り降りる~!

鈴木です。
こちらは かぐらスキー場のメインゲレンデです。

かぐらスキー場の山は、神楽ヶ峰(かぐらみね)
と言って、山頂は2029mの立派な山です。

さすが標高の高い山なだけに、
自分のいる位置が雲海より上になることもあります!

こちら1時間後のかぐらです。
雲海も抜けて快晴になりました。

やっぱりアウトドアスポーツは、
天気が晴れると、気持ちが良いものです。
この日もたくさん滑りました。
( ´ ▽ ` )ノ

++

先日北海道ルスツで
全日本スキー技術選手権大会
がありましたね。

スキーをする方ならご存知の方も多いと思いますが、
この大会はSAJという全日本スキー連盟が
運営する大会で、参加資格はSAJ 1級以上です。
アルペンレースのようにタイムを競うものではなく、
各都道府県予選を突破した選手が
スキー技術・上手さを競う大会です。

私もやっていますが、いわゆる
”基礎スキー”というもので、
日本の中で一番スキーを上手に滑れる人を
決める大会なので、私も注目していました。

<< 第55回全日本スキー技術選手権大会 Facebook >>

今年の優勝者は、
男子 吉岡大輔選手(新潟県加盟/チームクレブ所属)
女子 栗山未来選手(新潟県加盟/GALA湯沢所属)
でした。

クレブスポーツさん(湯沢町)も
GALA湯沢さんも当社が発行している
観光フリーペーパー VITA湯沢(クーポン付)に
出稿して下さったり、
何かとお付き合いをさせて頂いている
法人様なので、そちらに所属している
選手が男女そろって優勝されたことに
嬉しく思いました。
おめでとうございました!

 

志賀高原スキー場に行ってきました!

鈴木です。
2月のある日に行ってきました!
志賀高原です!

null

ご覧ください!
ひとつの山で出来たスキー場ではなく、
こっちの山も、対面するあっちの山も
みんな同じスキー場!
巨大ハーフパイプの中で滑っているようなぁ、、、
と言ったら、ツッコミが入りそうですが、
さすが日本最大級のスキー場です。

ちょうどこの日は快晴でした。
気温はお昼の12時を過ぎても
マイナス10度です!
極寒が嬉しくてたまらない!笑

このドライパウダーの中で
志賀高原の全部のゲレンデを
滑って滑って滑りまくりました!

null

写真は奥志賀です。
一枚バーンで滑りやすそうに見えますが、
結構な急斜面です。

エッジが効かせられず、
どうしても板がズレてしまうと言う、
奥志賀の洗礼を受けつつ、
それでも滑っているときは
楽しくて仕方ないわたし。
(ll^ω^)

志賀高原の最高な雪質と、
様々な地形の面白さと、
広大なゲレンデ面積と、
目の前の樹氷の美しさと、
遠くまで続く稜線の見晴らしを
ぜひ味わってみてください。

志賀高原は湯沢から津南まわりで
2時間ちょっとです。
日帰りはキツイかも知れませんが、
スキーならお薦めのゲレンデです!

★志賀高原スキー場

 

スキー検定 1級への挑戦!

鈴木です。
今年1月8日。
ついにスキー検定1級に合格しました。
一発合格です!

スキーを再開した2015年。
1シーズン目に2級を取り、
昨年2シーズン目は滑走時間を稼げる
年末年始休暇にインフルエンザでがっつり寝込み、
そのシーズンは満足する練習ができないまま終了。
そして3シーズン目の今年。

「1級は簡単には合格させてくれない」
「2級と1級の差は大きい」

と聞いていたので、
今年の私はシーズンインから
気合いを入れてました!
自宅の冷蔵庫に湯沢町全スキー場の
検定日を貼るところからスタート!
意識が途切れないように集中させます。
12月頭一足先に北海道ルスツで練習・練習。
このために買ったビデオカメラで
自分の滑りを撮影してもらって、
落ち込みと反省と改善の繰り返し。
1月に入ると週一の定休日以外は
練習に没頭できないだろうと思い、
年末年始休暇の10日間が勝負で、
朝から練習・練習。
とにかく滑走量を上げました。
そして時々、我流を修正するために
スキースクールのレッスンを受講して
先生からアドバイスを頂きながら練習・練習。

そして1月8日検定日。
本番当日。
ゼッケンは12番!

前日の夜に喉の痛みとともに38.6度の
高熱を出すという事態になりましたが、
そんな自分は無視!
一番高いユンケルを一気飲みして
ゲレンデへ向かいました。
これで大丈夫!

 

会場は岩原スキー場。
検定バーンは山頂ゲレンデ。

1級の種目は4種目です。
①大回り・急斜面
②小回り・急斜面
③小回り・不整地
④横滑り・急斜面

この4種目を、1本ずつ
3人の審判員さんの前で滑ります。
4種目合計点280ポイント以上で合格です。

●1種目目の大回りは得意種目。
内倒はダメ。外足に荷重を掛けて
板を角付けして走らせる。
ターン弧はしっかり正確にそして美しく。
後半「ターン数が少なかったかな?」
「5ターン?6ターン?」と滑っている最中に
考え込んでしまい、そのせいでゴール付近で
雪に足が取られて完全にバランスを崩しました。
ちーん。。。ダメだ。
もう終わったと思いました。

●2種目目は横滑り。
練習でも最後までピボットターンは
マスターできませんでしたが、
加点はつかなくても、失敗しないことだけに
意識をして淡々とこなしました。

●3種目目は苦手な小回り・しかも不整地。
スタート前に山頂からスピードが制御できない
暴走少年が私たちの一団に突っ込んで衝突する
アクシデントがあり、その少年から外れた
スキーやストックを取りに、斜面を20mくらい登り、
介助してからの息切れ混じりにスタート。
それが緊張を緩ませてくれたのか、
苦手な種目でなんと加点がつきました!

●4種目目は急斜面で小回り。
最後の種目になると、ゴール付近で
ギャラリーが出来ていて緊張MAX。
泣きそうでした。
上半身はフォールラインを向いたまま動かさない。
ターンごとに停止する時のようにブレーキをかける。
これを何度もとなえてスタートしましたが、
急斜面に対し、後半スピードコントロールができず、
最後ターンが間延びしてしまいました。
(減点1)

++++

全種目滑り終えて、待つこと1時間半。
不合格だと疑わなかったので、
合格発表を待つ意味はあるのか?
この練習漬けの日々は何だったんだ、、
自分はまだまだダメだなぁと
レストハウスの片隅でエンジョイスキーヤーを横目に
かなり暗い雰囲気を漂わせていたに違いありません。
とても長い時間に感じました。

そして合格発表。
岩原スキースクール内に合格表が貼られました。
なんと合格しているじゃありませんか!

泣きました。
泣きましたね。

ひとり静かに涙だけ流していたら、
一緒に受験した方たちが強い握手で
祝福してくれました。
(嬉しかったなぁ~)

今回の1級合格は本当に嬉しかったです。
あとから喜びがじわじわとやってきて、
「念願の1級が取れたんだなぁ」と
しみじみしてしまいます。
そして時々思い出しては
ニヤリとしてしまいます。
( ̄▽+ ̄*)

でもまだまだ上手になりたいです。
ビデオカメラで撮影した自分の滑りは
相変わらずダメダメで、理想とは程遠いので、
まだまだ練習を重ねます。

そして次に目指すは1級の上のプライズテストです。
ただこれは別格なステージに上がるので、
40代のうちにテクニカルプライズに合格できればと
気長にそして諦めず挑戦していきたいと思います。

最後です。
長々と書いてしまい、すみませんでした。
自分への備忘録のために書かせてもらいましたが、
お読みいただき、ありがとうございました。

このブログを読んで下さっているお客様で
スキーの上達を目標にされている方がいましたら、
一緒に頑張りましょう!
私もまだまだ頑張ります。

以前のブログ
★スキー検定 2級への挑戦(2016/1/18)