箱根のコンビニって茶色ですよね?

箱根のコンビニは看板が茶色いことがあります。竹村です。
案内の際、お客様に「なんで?」と時々聞かれますが、全てではないんです。

例えばこちらが箱根神社の近くのローソンさんです。

こちらが仙石原のファミリーマートさんです。

これは自然公園法、屋外広告物条例等の景観に関する法や条例で決まっているもので、
範囲が↓PDFのような形で区切られています。
自然公園法地図(PDF)

線を引いて区切っているので、ローソンさんと同じ箱根神社の近くのセブンイレブンさんは普通の色だったりします。

先日ブログで書いた木製ガードレールの件もそうですが、箱根は本当に景観を大切にしている地域で、
だからこそ海外からわざわざ箱根を選んで観光にいらっしゃるのかなと。

これからもこうして保護されていく歴史ある特別な地域なのだと、
日々しみじみと感じます。

大涌谷と早雲地獄

竹村です。

マンションからの眺望のお話なのですが、
弊社から売出し中の箱根国際マンションからの眺望が好きで、
案内に行くとついついお客様と一緒にバルコニーに出て眺望を楽しんでしまいます。
高台から見る山々が180見渡せる場所はなかなか無いのではないかと。

圧巻です!

話は変わりますが、二枚目の写真のモクモクしているあたりが大涌谷です。

遠くから見ると大涌谷によく似たくぼみがあるのですが、
上の地図で見ると右側ですね、
これ、早雲地獄って言うらしいです。

下の地図で言うと黄色のピンが大涌谷で、

緑のピンが早雲地獄ですね

グーグルマップで見るとどうやら近くまで行けるようで、
しかもお寺があるようです!

ネットの情報だといまいちよくわからなかったので、
現地にて確認してこようと思います、乞うご期待です。
竹村でした。

彫刻の森駅を降りるとお蕎麦屋さんでした。

強羅駅の1駅手前、彫刻の森駅を降りると目の前にあります。

生蕎麦の看板を掲げる奈可むらさんのご紹介です。

箱根でも生蕎麦を出すお店は少ないんじゃないでしょうか。

香りがよくしっかりとしたお蕎麦ですよ!

以前に来店した時にお蕎麦は頂いたことがあったので、
今日はうどんを頂いてきました。

細めのうどんにお出汁は濃い目の力強い味です。
三つ葉とゆずが添えてあるのも嬉しいですね

うどんももちろんですが、天ぷらが美味しかったです!

きれいに盛られた天ぷらはしいたけ、春菊、かぼちゃ、さつまいも、エビ、更にエビ!

と結構ボリュームが有りました。
天ぷら一本でもお店をやっていけるんじゃないかと思ってしまう位揚げ方が上手でした。
わざとなんですかね、中でもしいたけが水分が適度に抜けていて味が濃くて美味しかったです。


次は天丼を食べてみたいです。

メニューを見ているとこんなページが

年越しそばはよく聞きますが、月越しそばが元だそうです。
厄落としとしても蕎麦が食べられていたんですね

これは月イチで奈可むらさんに行かないといけませんね笑

竹村でした。

箱根の木製ガードレールのお話

なかなか惹かれないタイトルですが、竹村です。

知ってましたか?
箱根のガードレールは場所にもよりますが木製なんですよ?

景観を大切にする箱根ならではのモダンな見た目になっています。
使用されている木は、
森林保全の為の間伐の際に出た、間伐材を利用しているそうです。

日が当たらない場所は苔が生していたり、
反対に日が指す場所は乾燥して明るい色をしていて、
車で道を走っているだけで箱根の雰囲気を感じさせてくれるガードレールは
箱根情緒の一端を担っているのではないでしょうか。

富士山を眺めた案内の帰りに出会った、
箱根の影の立役者のお話でした。

竹村でした。

箱根宮ノ下 豊島豆腐店

あけましておめでとうございます。
新年一発目は竹村が初めて宮ノ下に来た時、
最初に食べた思い出の豆腐屋さんのご紹介です。

富士屋ホテルの並びにある豊島豆腐店さんです。

2,3年ぶりにお邪魔しましたが
おしゃべり好きのお父さんは健在でした!
「豆乳サービスしとくから~」と
なんだか親の顔を見たようでホッとしました

店頭でも食べられますが今日はお持ち帰りで、
いろいろ置いてありましたが、デザート代わりにごま豆腐を買ってきました
ツルンとした食感とごまの豊かな風味が相も変わらず美味しかったです。

豆腐も美味しいですが、気さくなお父さんとおしゃべりに言ってみてはいかがでしょうか
きっと旅の思い出になりますよ~

箱根湖尻ターミナル

箱根湖尻ターミナルのご紹介です。竹村です!

公式ホームページトップ

小田急箱根高速バスで新宿から揺られること約三時間で着く箱根湖尻ターミナルは、
芦ノ湖の遊覧船乗り場にもなっています。

年の瀬ということもあり遊覧船も箱根駅伝仕様でした。

航路は湖尻ターミナル→箱根園港(駒ヶ岳ロープウェイ)→元箱根港(箱根関所)→箱根関所跡→湖尻ターミナルと戻ってきます。

中では、お土産や地元のお酒、

寄木細工が買えたりします。

二階はレストランになっていて、付近の散策用に自転車の貸出もしていたりと、
施設としてなかなかの充実ぶり。

付近にもレストランやビジターセンター、ススキ草原と見どころがたくさんあるので、
借りてみてはいかがでしょうか。

箱根は一年通してクリスマス?

本日はクリスマス・イヴですね!竹村です!
箱根でクリスマスらしいものってなんだろう・・・
と昨日から考えていたのですが、
これだ!というものがあったのでご紹介です。

箱根神社です!
朱色と苔、木々の緑

完全にクリスマスカラーです!

朝早くから参拝の方々で賑わっていました。

時間があまりなかったので猛ダッシュで駆け抜けましたが、
おみくじはしっかり引いてきました。

御覧ください!
中吉です!これは良いイヴになりそうですね!
よく見たらおみくじもサンタカラーですね!

今日はゆっくり家族と過ごしたいと思います。

竹村でした!

箱根姫の水ってなんだろう。。。

ここから出る湧き水のことです。竹村です。

シャロンリゾート箱根姫ノ水というマンションのご案内の際に、
なんで姫の水っていうんですか?
というご質問を稀にいただきます。
地名です。と言ってしまえば間違いではないのですが、
この地名も付近に湧きでる「姫の水」に由来しています。

歴史の勉強は苦手なのですが、頑張ってご説明させていただくと、

1495年に小田原城を攻略して城主となった「北条早雲」の息女、
「佐保姫」がこの湧き水を化粧水に利用したことをきっかけに、
北条家代々の姫が愛用するようになり、

この湧き水が「姫の水」と呼ばれるようになったそうです。

干ばつにも耐え、途絶えることがなかったという姫の水は今も勢いよく湧き続けています!

近所の方も料理や飲水に利用するために汲みに行くらしいのですが、
今は民家の敷地内にありますのでお声がけ、お気遣いはお忘れなく。

竹村もその場で少し頂いてきましたが、本当にスッキリとしていて、柔らかい水質でした。

普段から家にウォーターサーバーを置くくらい水が好きでよく飲むのですが、
「姫の水」はかなり美味しかったです。

あまりいらっしゃる方が多くなってもご迷惑をかけてしまうのですが、本当に良いお水でした。

スーツで急に玄関先に立った竹村にも快く「どうぞ~」と言って頂いた家主様。
ありがとうございました。

明日もがんばります!竹村でした。

箱根湯本の巨大な蜂の巣!?

羽の生えいてよく飛ぶ虫と、
柔らかい虫とブルブルなる虫はさわれません。
竹村です。

蜂なんかはストライクでだめなんですけど、
はちみつは煮物に使うとなんとなく、
豪華な味になるので結構好きです。

今日は箱根湯本のはちみつ屋さん
杉養蜂園のご紹介です

全国展開しているお店なので、
一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

杉養蜂園店舗一覧

ここ箱根湯本には、
駅前の通りを挟んでなんと2軒あります。
それだけ駅前が賑わっている証拠ですね。
土日に車で通ると横断歩道の前でなかなか動けないです。

この日は今年できたばかり、
ホームの反対側の新店舗にお邪魔しました。

写真を撮っている時もお客様がご購入の最中でした。

よくみてみると

蜂をモチーフにしたショップ袋もおしゃれですね

店内は果実フレーバーのはちみつや


巨大な蜂の巣が!

原型は何メートルなんでしょうね!!
と、このブログを書き始めた瞬間は思っていたのですが、

よく考えたら四角い巣箱で作ってますよね。。。
テレビで見たことあります。

そんなことはさておき、

なんとこれ試食もできるので、
立ち寄った際は店員さんにひと声かけてみて下さい。

他にもはちみつや蜜蝋を使ったハンドソープなんかも売ってます

お土産としてはリーズナブルですし、
見栄えも良いので、お土産用にも自分用にも良いですね!

竹村でした。

箱根の隠れた小道の魅力

竹村です。

宮ノ下駅から富士屋ホテルに抜けていく道
(通称:チャップリンの散歩道)があるのですが、

毎朝の天気の写真を取りがてらその道を、
少しずつ散策するのがマイブームでして、

線路沿いがほぼ獣道のようなところだったり、
人が殆ど通らないノスタルジックな風景広がっていたり、
歩いていて結構飽きないんですよね。

以前ブログで紹介した登山電車の写真もそちらから撮りました。

宮ノ下駐車場の屋上からもつながっていて、
なんだか迷路みたいで変な地形で楽しかったのですが、
とうとう踏破してしまったので、
そんな道中のご紹介です。

宮ノ下観光マップ
↑MAPで言うと3の道です。

苔の蒸した線路沿いの擁壁があったり

倒木のトンネルがあったり

熊野神社の裏路地もなんだか雰囲気があっていいですよね

ハイキングコースの入り口にもつながってるんですよ~

宮ノ下の駅から下って通りに出てしまうほうが歩きやすいですが、
行きだけでも通ってみると宮ノ下の違った雰囲気を味わえますよ^^