2019山スキー

まんぷくヌードルが楽しみで仕方のない廣田です。

食卓で、会社で、山でと、この発明がなければどれだけつまらない世の中だったか・・・。
ありがとうまんぺいさん。

さて、遅いシーズンインだった今シーズン。
2回ほど山スキーを楽しんできました。
やっぱり仲間と滑るといろいろと刺激を受けますね。
刺激を受けすぎて道具を一新しました(笑)

では先日のかぐらスキー場からの山スキーをご紹介。


相変わらず人気のかぐらスキー場。
朝8時半くらいでこの入り込みです。


ロープウェーとゴンドラを乗り継ぎかぐらエリアメインゲレンデへ到着。
下の混雑とは裏腹に空いています。


こちらが新調したスキーとビンディング。
カーボンとバンブーコアでとても軽くしなやかです。
ビンディングもテックビンになったのでとても軽いです!
写っていませんが、ブーツもテックビン対応の激軽ブーツです!!


下は空いていましたが、5ロマはやはり行列・・・。


そして入山ゲートも行列・・・。
こちらで登山届を提出し、戻り時間を伝えていざ山へ!


登り始めは辛いのですが、振り返るとこんな景色!
相変わらず素晴らしい眺めです。


40分ほど登って、いつもの集合写真。
最近流行りの当確ポーズ(笑)
オレンジが自分です。


下を見ると他の山スキーヤーとその先に飯士山(写真真ん中)が見えました。


こちらが今回の滑走ポイント。
知ってる人はひと目でわかる目印。


こんな感じで予想以上のパウダーでした♪
友人たちのレベルは高いです。
自分はついていくのが精一杯・・・。


まあ一番の目的は、花より団子ならぬ、パウダーよりビールです(笑)

今日は思いがけない降雪で、冬に逆戻りしたようでした。
湯沢のシーズンはもう少し続きますので、滑り残しのないように滑りたいと思います!

にいがた酒の陣2019

みなさん日本酒好きですか?
新潟県というとお米と日本酒というイメージかと思います。
それは正にその通りで、新潟県には酒蔵が約90蔵あります。
そしてそのほとんどは新潟県内で消費されているという事実!
まぎれもない酒飲み県人なわけです(笑)

そんな新潟県内外の酒飲みが集結するイベント「にいがた酒の陣」が今年も開催されました!
私はグループの苗場酒造のブース設営と初日のお手伝いでここ5年ほど参加しています。
ブースもようやく完成形に近づき、設営も2名でこなせるようになりました。


こちらがほぼ完成した今回のブースです。
なんといってもブースの上部空間を使った仕様が自慢です!
人混みが物凄いので、下を飾ってもあまり見えないんですねー。
なのでウチのブースはいたってシンプルです。


明日へむけて静かに会場が作られていきます。
人のいないこの広い会場はもー寒い寒い!
今日はこのくらいにして、新潟市の夜を楽しんできました(笑)


白子、あん肝、締めのお蕎麦を平らげて、明日への活力もばっちり補給できました!

そして、3月9日(土)朝10時、いよいよ開場です!!
怒涛のように人がなだれ込んできます。
お目当ての酒蔵へ一目散に走る人、
なにわともあれ拠点となるテーブルを確保する人、
さまざまです。

苗場酒造ブースもあっという間にこの人だかり!!

こんな感じで、上以外は見えなくなります(笑)

今年は特に人が多いと感じました。
お昼を過ぎるころの会場はこんな様子です。

もの凄い人、人、人!!!

みなさん陽気にお猪口を差出し、酒を注がれ、乾杯し、飲んでいます。
こんなに和気あいあいとした大規模な飲み会は、他ではないのでは?

今回の苗場酒造の目玉銘柄はこちら!

世界利き酒大会ファイナリストに残った、松代の酒の宿「玉城屋」さんと醸したお酒、
「kamosu mori 純米大吟醸」です!

酒度-42という酸味と甘さが際立ったお酒です。
こちらは初日で完売となりました・・・。
ここまで売れるとは予想外です。

「kamosu mori 純米吟醸」は、まだ少し苗場酒造へ在庫があるようなので、
気になった方はお問い合わせ下さい。

苗場酒造株式会社
営業時間.9:00-18:00 / 定休日.毎週水曜日
〒949-8201
新潟県中魚沼郡津南町下船渡戊555
TEL.025-765-2011 / FAX.025-765-5100

そして、にいがた酒の陣から来年のアナウンスがありました。

今まではリストバンド式の飲み放題だったのですが、
来年度から回数券制になるとのこと・・・。

どのようになるのかまったくわかりませんが、
また日本酒好きの皆さんとお会いできることを願っております!

にいがた酒の陣2019

-来場者数-
3月9日(土): 81,391名様
3月10日(日): 60,220名様
合計: 141,611名様

岩原に注目のレストラン誕生!

リゾートマンションが沢山あるエリア岩原(いわっぱら)
岩原で食事をしたいと思ってもなかなか難しいのですが、
この度、お隣南魚沼市の六日町にある農家レストランを営む「まつえんどん」さんが、
ピステ湯沢に2号店をオープンしてくれました!!

さっそく行ってきましたのでご紹介致します!


まずこちらがレストランの入口です
マンションの右側に階段があります


入口をくぐると、本日のオススメベーグルが書かれたサインがあります


店に入ってすぐの食券機で購入すると、即座に厨房へオーダーが入ります
そして今の御時世うれしいキャッシュレス対応!


テーブルにもメニューがあるので、追加オーダーなどもゆっくりと選べます

今回は3人で行ったので、色いろなメニューを食べたいということでシェアして食べることに


まずはこちら!正に看板にも載っている看板メニュー
「鶏ハンバーグサンド」セット1,200円、単品800円

モチモチのベーグルと、しっかりとした味付けの鶏ハンバーグが最高に美味しいです!


続いて、本日のベーグル「自家製ベーコンと目玉焼きサンド」セット1,000円、単品600円
ベーコンと目玉焼きなんて、もー絶対間違いない組み合わせ!
もちろん味も最高でした!

Facebookを見たところ、
本日のベーグルは他にもアボカドやもち豚を使ったものもありました
これはしっかりとSNSをチェックして買いに行かないとです!
ベーグルはテイクアウトもできるので嬉しいですね。


そしてご飯物も食べてみたいということでオムライスをセレクト!
セット1,200円、単品800円
このオムライスがまた優しい味で、和風トマトソースが絶品でした!
結構ボリュームがあるのでお腹もいっぱいになります


そして個人的に楽しみだったのがこちら!
玄米のおにぎり セット500円、単品200円
感動ものの美味しさでした!!
表面にちょっと塩が振ってあり、玄米そのものの味を楽しむことができます
具材は梅、おかか、昆布の三種類から選べます
毎朝食べたい味ですね!


そしてこちらではドリンクメニューも豊富なんです!
グループの苗場酒造の日本酒「苗場山」もおいていただいています
他にも、鶴齢や髙千代、八海山と日本酒も豊富
金・土は夜営業もしていますので岩原でお酒を飲むことができますよー!


店内はかなりレトロな雰囲気で、柱を使って黒板アートが描かれていたりします
この日は他のお客様もいたので全体写真は撮れませんでした・・・


さらにスペルト小麦という小麦の原種を使用したパンも販売しています
スペルト小麦は品種改良していないのでカラダにもとっても良いそうです

他にもまつえんどんさんがセレクトしたお土産を販売しています

岩原に新しくできた「玄米ベーグルカフェ・レストラン まつえんどん」
こちら要注目のお店ですよー

■まつえんどん
営業時間 8:00〜17:00(金・土のみ18:00〜22:00も営業)
定休日 木曜日
TEL.025-787-1538

公式HP
Facebook

苗場山「1」

1月もあっという間に21日も経ちました。
先日の休みにようやくスキー2本とボード1本にワックスを入れました。
これで滑りに行く準備も整いました。
いよいよ次の定休日あたりに初滑りをしてきたいと思います。

さて、グループの苗場酒造ではこの雪を活かし、せっせと酒造りに励んでいます。
そんな苗場酒造で面白い酒を仕込んだとのこと。
興味津々で1本買ってみました!

その名も「1」!

こちらは添え仕込み、袋搾りという貴重なお酒です。
酸味の効いたフルーティーな味わいで、
食前酒はもちろん、食中酒にもぴったりです!

現在は純米と純米吟醸の2種類を販売中。
数に限りがあるようなので、気になる方は苗場酒造までお問い合せ下さい!

==================
苗場酒造株式会社
営業時間.9:00-18:00 / 定休日.毎週水曜日

〒949-8201
新潟県中魚沼郡津南町下船渡戊555
TEL.025-765-2011 / FAX.025-765-5100

だんろの家ウインターフェア開催中!

あけましておめでとうございます!
本年も美味しい、楽しい、美しい写真を撮りたいと思います。

さて、今日はランチミーティングでだんろの家へ行ってきました。

テイクアウトすることが多いので店内で食べるのは久しぶりだったのですが、やはりできたてをその場で食べるのが一番ですね!

だんろの家では現在ウインターフェア開催中で、この時期しか食べることのできない牡蠣のパスタや限定のスイーツなどを提供しています。

どれも冬らしい美味しいメニューですので、ぜひこの機会にお試し下さい!

ランチを終えて駐車場へ戻ると、正面の立柄山から何やら気配を感じます・・・。
よーく目を凝らして見ると、そこには・・・。

おわかりでしょうか?そう、猿が木に丸くなって座っていました。
さらに近くにも数頭いました。

猿も美味しい匂いにつられて山を降りてきたのかな?
そんな猿にも人気のだんろの家をぜひご利用下さい!

Cafe & レストラン だんろの家

観光フリーペーパーVITA湯沢47号発行しました!

待望の雪が降り、スノー関連の事業者の方はホッと一安心。
ただ、今年も除雪が始まったかと気が重い方も多いことでしょう。
自分は一応滑るので嬉しい気持ちが強いですね。

さて、12月18日にVITA47号が発行されました!
今回はスキー場を取り上げてガイドページを掲載しています。
リフト券が当たるwebアンケートもありますので
目次ページのQRコードからアクセスして下さい!

今回の表紙は友人のバックカントリーの1枚。
自分は毎年なんとか登って滑っています。
体重の増加と体力の減少で厳しいですが、今シーズンも頑張って滑りたいと思います。
あと発行会社であるひまわりのロゴが変わったので、
今回からデザインを変更しました!

湯沢高原にオープンしたホットチョコレートの美味しいお店。
湯沢マルシェカフェ!

寒い冬はあったかいホットチョコレートで温まりましょう!

個人的に気になるのが石打丸山スキー場。
今シーズン大幅リニューアルで、世界最新鋭のゴンドラが導入されました。
ぜひ滑りに行きたいと思います。

そんなこんなで今回もお得なクーポン付きの観光フリーペーパーVITA湯沢を
ぜひご活用下さいませ!

 

VITA湯沢47号PDF

年末年始の営業予定について

はやいもので2018年の営業日もあと14日となりました。
湯沢町は天気予報に雪マークが付くものの、
実際の降雪は無く歯がゆい思いをしております。
そんな中自分はと言えば迫りくるVITA47号の入稿日に四苦八苦・・・。
間に合わないなんてことのないようにもうひと頑張りしたいと思います。

本気丼キャンペーン延長決定!

南魚沼エリアの美味しい物を丼でたらふく食べれるイベント「本気丼(まじどん)」
今回は越後湯沢エリアも新たに仲間入りして開催していました。

一二三(ひふみ)の「一・二・三丼(ひふみどん)」1,230円(税込)


ビトローの「アメリカ産ブランド牛のステーキ丼エビフライ付き」1,598円(税込)
※この日はエビフライが品切れでヒレカツにしていただきました

そんな本気丼も11月30日で終わりとなる予定・・・まだ2丼しか食べてない・・・
残念・・・と思っていたのですが、なんと!?
2月28日までの延長が決定しました!
どうやら全店舗とはいかないようですが、48店舗が参加するようです。

まだ食べてない!という方や、これからのスキーシーズンにこちらに来る皆様は
是非南魚沼の新たな名物となった本気丼を食べてみて下さい!

本気で!?っていうくらい美味しいですよ(^^)

本気丼キャンペーン

西脇邸庭園ライトアップ

越後湯沢では里の紅葉が最盛期です。
だんろの家の裏にある立柄山も真っ赤に色づき見事な紅葉となっています。
ですが、今年の紅葉もそろそろ見納めですね。
なかなか晴れ間がなかったので少し残念な秋でした。

さて、当グループで運営している小千谷市にある西脇邸ですが、
このほど大型駐車場が完成致しました。
普通車30台、大型バス4台、マイクロバス1台を駐車できます。
個人から団体まで幅広く対応可能です。

そんな西脇邸の庭園も工事・補修が進んでいます。

庭の木々も赤や黄色に染まり、賑やかな秋の装いに。
今回そんな庭園を見ていただけるライトアップが催されます。

「西脇邸紅葉ライトアップ庭園開放」
開催日は11月23日〜25日の3日間、時間は10時〜19時となっています。

まだ完全お披露目とはいかないため、
見る機会が限られますのでぜひこのタイミングでお庭をご覧いただきたいです。

※写真は11月13日に撮影した庭園です。

小千谷豪商の館 西脇邸

今年もあります!越後湯沢ぶらりはしご酒!

苗場山山頂に雪が降りました。
そろそろ冬支度が始まる湯沢です。

そんな秋に開催されていて、
湯沢店スタッフも楽しみにしているイベントが「越後湯沢ぶらりはしご酒」!
今年も無事に開催が決まりました!

今年は第7回目!
自分はおそらく過去3回は参加してます。
チケットは当日販売もしてますが、前売りだと少しだけ安いです。

4枚綴のチケットを手に、どんな順番でお店を回ろうかと考えるだけで楽しいです。
まだ行ったことが無いお店にチケット1枚で遠慮なく行けるところが良いですよね。
お店の雰囲気がわかれば次回からは気兼ねなく行けますからね。

皆さんもこちらの公式HPで行きたいお店をピックアップして楽しい夜を過ごしましょう!
越後湯沢ぶらりはしご酒公式HP

<開催期間>
2018年11月8日(木)~10日(土)
<料金>
3,000円(チケット4枚)
※前売り券2,900円
<前売りチケット販売所>
雪国観光舎 越後湯沢温泉観光協会
参画店舗
<当日会場>
越後湯沢温泉通り・東口商店街
足湯かんなっくり(メイン会場予定)
雪国観光舎(案内)
皆さん奮ってご参加ください!!