2018-2019シーズン スキー場オープン予定

間もなくスキーシーズン。
各スキー場からは、今シーズンのオープン予定日が続々と発表されています。
もちろん、降雪状況によって変更になる場合がありますが、参考にして下さい。

【11/23(金)】
かぐらスキー場

【12/8(土)】
苗場スキー場
岩原スキー場

【12/14(金)】
湯沢パークスキー場

【12/15(土)】
GALA湯沢スノーリゾート
神立高原スキー場
湯沢高原スキー場
湯沢中里スノーリゾート

【12/21(金)】
ナスパスキーガーデン

【12/22(土)】
一本杉スキー場

スキー場によっては、早期の申込みでシーズン券が割引になる
「早割シーズン券」の申込みを受付けているところもあります。
大好きなゲレンデでガッツリ滑り込みたい方は、ぜひチェックしてみて下さい。
(※申込締切日が迫っているスキー場もありますのでご注意を!)

そしてお隣の南魚沼市では、「リフト2日券付き宿泊パック」が登場しました。
南魚沼エリア内にあるスキー場から、1日目・2日目と別々のスキー場を選べる、
お得な宿泊セット付きリフト券、500名様限定です!
お申込みはこちらからどうぞ。
↓↓↓
リフト2日券付き宿泊パック 申込ページ

この他にも、19歳の方はリフト券がタダになる「雪マジ!19」、
20歳の方はリフト券が最大半額になる「雪マジ!20」などお得なサービスもありますので
シーズンが始まる前にチェックしましょう!
(※対象スキー場は、雪マジ!ホームページでご確認下さい)

 

スキーの準備!

鈴木です。
2日前に苗場の平地にも雪が降りました。
冬将軍が着々と近づいていますね!

来月の初滑りに向けて、私のスキー板も
チューンナップに出してきました。
お店は毎シーズンお世話になっている
マジェスティックさんです。
湯沢温泉通りにある、スキー、スノーボード、スケートの
チューンナップショップです。

スキーを再開したのが2013年で、
飽き性な私がどこまで続くだろうと思って、
購入した板はその年のニューモデルではなく、
1年型落ちした安くなっているサロモンの
オールラウンド用を購入しました。
小学生や初心者・中級者が扱いやすいタイプです。
それから6シーズン目に差し掛かりますが、
まだその時の1本で滑っています!
上達するに連れ、買い替え・買い増しをされる
スキーヤーが多いですが、私はこのサロモン1本で
2級と1級を取り、湯沢町のスキー場はもちろん、
北海道も志賀高原も群馬県のスキー場も滑り、
とても愛着を持っている板です!

先日マジェスティックさんのFacebookを見たら、
あーー!私の板が並んでるーーー!

いよいよチューンナップが始まるのね!!
かっこいいレーサー用の板さんや、
太い山用の板さんに挟まれて、
私の初心者用の板ちゃんは心細いんじゃないかな??
とキュンと愛おしくなりました!
おバカですね(笑)

冬は間近です。
皆さんはスキーの準備を始めましたか?

スキー場をストリートビューで!

 
日中の気温が18度前後になってきました。

山の木々も色が変わり始め、秋を感じます。

 

さて、そんな秋が過ぎると次は冬。

湯沢の秋は短く、あっという間にスキーシーズンがやってきます。

早くスキーやスノーボードがしたくてうずうずしている方も

たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

 

そんな方にオススメの、ちょっと面白いものが公開されました。

湯沢町のスキー場のストリートビューです!

湯沢町は、Google がおこなっている

「ストリートビュートレッカーパートナープログラム」というものに参加しました。

どういったプログラムか簡単に説明させていただくと、

観光地や商業施設など、宣伝したいスポットを

ウェブ上に公開するために専用の撮影機材を貸し出しますよ!

というものです。

 

このプログラムに湯沢町の11カ所のスキー場が参加し、

撮影は約2週間かけて、各スキー場のコースを

スキー場スタッフなどがストリートビュー撮影用機材

「トレッカー」を担いで歩きながら撮影したそうです。

一部をご紹介いたします。

 

苗場スキー場

岩原スキー場

いかがでしょうか。

 

初めてストリートビューの存在を知ったとき、

なんだこの画期的なものは!と感動したのを覚えていますが、

ついにゲレンデまでも見られるのか・・と、これまたびっくりです。

 

その他の参加スキー場はこちらです。
(スキー場名をクリックでストリートビューが開きます。)

かぐらスキー場

神立高原スキー場

湯沢パークスキー場

NASPAスキーガーデン

一本杉スキー場

湯沢高原スキー場

GALA湯沢スノーリゾート

中里スノーウッドスキー場

湯沢中里スノーリゾート

 
これを見れば、スキーシーズンに向けて気持ちが高まること間違いなし!

ぜひ一度ご覧になってみてくださいね。

 

多分シーズン最後のパウダー

よーやく「ひまわり通信41号」の入稿も終わり、
かぐらスキー場へ出掛けてきました。

天気予報では久しぶりの雪マーク、そしてその後晴れの予報。

今年はまったく滑れていないので体力的な心配があったのですが、
今シーズンラストだと思い、重い腰をあげました。

予報通り、10cmほどの降雪があり、ゲレンデは新雪で真っ白。
4月8日にこの雪の量があるとは・・・流石かぐらですね。

まずは足慣らしにゲレンデを1本。
予想以上にカリカリでさっそく腿がパンパンに:*o*:

そして今シーズン初の5ロマ。
相変わらずの人気でした。

そして今シーズン初の山登り。
久しぶりのスキーブーツが痛い痛い=:[

くじけずに頑張って登り、ふり返るとこの絶景:**:
こういう景色を見るとやっぱりやめられなくなります。

4月とは思えない雪の軽さでスプレーもばっちり上がります:!!:

ただ、最後のトラバースは片斜なのでまた足がパンパンに=:[
友人は勇んで二本目へ向かいますが、降り出したまさかの雪と、
パンパンに疲れた足もあり、ゲートをくぐる友人を見送りました:ase:

二本目を無事に滑り終えた友人曰く、最高だったと:mrgreen:

おそらく今シーズンのラストパウダーだと思います。
ただ、ゲレンデにはまだまだ雪が豊富にありました。
4月いっぱいはなんの心配もなく滑れることでしょう。

今度はポカポカ陽気の中、春スキーに出掛けたいと思います。

かぐらスキー場に行ってきました!

雲海の中に滑り降りる~!

鈴木です。
こちらは かぐらスキー場のメインゲレンデです。

かぐらスキー場の山は、神楽ヶ峰(かぐらみね)
と言って、山頂は2029mの立派な山です。

さすが標高の高い山なだけに、
自分のいる位置が雲海より上になることもあります!

こちら1時間後のかぐらです。
雲海も抜けて快晴になりました。

やっぱりアウトドアスポーツは、
天気が晴れると、気持ちが良いものです。
この日もたくさん滑りました。
( ´ ▽ ` )ノ

++

先日北海道ルスツで
全日本スキー技術選手権大会
がありましたね。

スキーをする方ならご存知の方も多いと思いますが、
この大会はSAJという全日本スキー連盟が
運営する大会で、参加資格はSAJ 1級以上です。
アルペンレースのようにタイムを競うものではなく、
各都道府県予選を突破した選手が
スキー技術・上手さを競う大会です。

私もやっていますが、いわゆる
”基礎スキー”というもので、
日本の中で一番スキーを上手に滑れる人を
決める大会なので、私も注目していました。

<< 第55回全日本スキー技術選手権大会 Facebook >>

今年の優勝者は、
男子 吉岡大輔選手(新潟県加盟/チームクレブ所属)
女子 栗山未来選手(新潟県加盟/GALA湯沢所属)
でした。

クレブスポーツさん(湯沢町)も
GALA湯沢さんも当社が発行している
観光フリーペーパー VITA湯沢(クーポン付)に
出稿して下さったり、
何かとお付き合いをさせて頂いている
法人様なので、そちらに所属している
選手が男女そろって優勝されたことに
嬉しく思いました。
おめでとうございました!

 

志賀高原スキー場に行ってきました!

鈴木です。
2月のある日に行ってきました!
志賀高原です!

ご覧ください!
ひとつの山で出来たスキー場ではなく、
こっちの山も、対面するあっちの山も
みんな同じスキー場!
巨大ハーフパイプの中で滑っているようなぁ、、、
と言ったら、ツッコミが入りそうですが、
さすが日本最大級のスキー場です。

ちょうどこの日は快晴でした。
気温はお昼の12時を過ぎても
マイナス10度です!
極寒が嬉しくてたまらない!笑

このドライパウダーの中で
志賀高原の全部のゲレンデを
滑って滑って滑りまくりました!

写真は奥志賀です。
一枚バーンで滑りやすそうに見えますが、
結構な急斜面です。

エッジが効かせられず、
どうしても板がズレてしまうと言う、
奥志賀の洗礼を受けつつ、
それでも滑っているときは
楽しくて仕方ないわたし。
(ll^ω^)

志賀高原の最高な雪質と、
様々な地形の面白さと、
広大なゲレンデ面積と、
目の前の樹氷の美しさと、
遠くまで続く稜線の見晴らしを
ぜひ味わってみてください。

志賀高原は湯沢から津南まわりで
2時間ちょっとです。
日帰りはキツイかも知れませんが、
スキーならお薦めのゲレンデです!

★志賀高原スキー場

 

スキー検定 1級への挑戦!

鈴木です。
今年1月8日。
ついにスキー検定1級に合格しました。
一発合格です!

スキーを再開した2015年。
1シーズン目に2級を取り、
昨年2シーズン目は滑走時間を稼げる
年末年始休暇にインフルエンザでがっつり寝込み、
そのシーズンは満足する練習ができないまま終了。
そして3シーズン目の今年。

「1級は簡単には合格させてくれない」
「2級と1級の差は大きい」

と聞いていたので、
今年の私はシーズンインから
気合いを入れてました!
自宅の冷蔵庫に湯沢町全スキー場の
検定日を貼るところからスタート!
意識が途切れないように集中させます。
12月頭一足先に北海道ルスツで練習・練習。
このために買ったビデオカメラで
自分の滑りを撮影してもらって、
落ち込みと反省と改善の繰り返し。
1月に入ると週一の定休日以外は
練習に没頭できないだろうと思い、
年末年始休暇の10日間が勝負で、
朝から練習・練習。
とにかく滑走量を上げました。
そして時々、我流を修正するために
スキースクールのレッスンを受講して
先生からアドバイスを頂きながら練習・練習。

そして1月8日検定日。
本番当日。
ゼッケンは12番!

前日の夜に喉の痛みとともに38.6度の
高熱を出すという事態になりましたが、
そんな自分は無視!
一番高いユンケルを一気飲みして
ゲレンデへ向かいました。
これで大丈夫!

 

会場は岩原スキー場。
検定バーンは山頂ゲレンデ。

1級の種目は4種目です。
①大回り・急斜面
②小回り・急斜面
③小回り・不整地
④横滑り・急斜面

この4種目を、1本ずつ
3人の審判員さんの前で滑ります。
4種目合計点280ポイント以上で合格です。

●1種目目の大回りは得意種目。
内倒はダメ。外足に荷重を掛けて
板を角付けして走らせる。
ターン弧はしっかり正確にそして美しく。
後半「ターン数が少なかったかな?」
「5ターン?6ターン?」と滑っている最中に
考え込んでしまい、そのせいでゴール付近で
雪に足が取られて完全にバランスを崩しました。
ちーん。。。ダメだ。
もう終わったと思いました。

●2種目目は横滑り。
練習でも最後までピボットターンは
マスターできませんでしたが、
加点はつかなくても、失敗しないことだけに
意識をして淡々とこなしました。

●3種目目は苦手な小回り・しかも不整地。
スタート前に山頂からスピードが制御できない
暴走少年が私たちの一団に突っ込んで衝突する
アクシデントがあり、その少年から外れた
スキーやストックを取りに、斜面を20mくらい登り、
介助してからの息切れ混じりにスタート。
それが緊張を緩ませてくれたのか、
苦手な種目でなんと加点がつきました!

●4種目目は急斜面で小回り。
最後の種目になると、ゴール付近で
ギャラリーが出来ていて緊張MAX。
泣きそうでした。
上半身はフォールラインを向いたまま動かさない。
ターンごとに停止する時のようにブレーキをかける。
これを何度もとなえてスタートしましたが、
急斜面に対し、後半スピードコントロールができず、
最後ターンが間延びしてしまいました。
(減点1)

++++

全種目滑り終えて、待つこと1時間半。
不合格だと疑わなかったので、
合格発表を待つ意味はあるのか?
この練習漬けの日々は何だったんだ、、
自分はまだまだダメだなぁと
レストハウスの片隅でエンジョイスキーヤーを横目に
かなり暗い雰囲気を漂わせていたに違いありません。
とても長い時間に感じました。

そして合格発表。
岩原スキースクール内に合格表が貼られました。
なんと合格しているじゃありませんか!

泣きました。
泣きましたね。

ひとり静かに涙だけ流していたら、
一緒に受験した方たちが強い握手で
祝福してくれました。
(嬉しかったなぁ~)

今回の1級合格は本当に嬉しかったです。
あとから喜びがじわじわとやってきて、
「念願の1級が取れたんだなぁ」と
しみじみしてしまいます。
そして時々思い出しては
ニヤリとしてしまいます。
( ̄▽+ ̄*)

でもまだまだ上手になりたいです。
ビデオカメラで撮影した自分の滑りは
相変わらずダメダメで、理想とは程遠いので、
まだまだ練習を重ねます。

そして次に目指すは1級の上のプライズテストです。
ただこれは別格なステージに上がるので、
40代のうちにテクニカルプライズに合格できればと
気長にそして諦めず挑戦していきたいと思います。

最後です。
長々と書いてしまい、すみませんでした。
自分への備忘録のために書かせてもらいましたが、
お読みいただき、ありがとうございました。

このブログを読んで下さっているお客様で
スキーの上達を目標にされている方がいましたら、
一緒に頑張りましょう!
私もまだまだ頑張ります。

以前のブログ
★スキー検定 2級への挑戦(2016/1/18)