冬の風物詩 三浦大根の天日干し!

蓮池です。

本日は素晴らしい天気で絶好のお出かけ日よりですね。

日差しが暖かく、運転中は暑いほどでした。

三浦海岸の海沿いはかなり混み合っておりお昼にコンビニに行ったら行列になっているほどです。

これだけ暖かいとやはり出かけよう、という気になってきますね(*^^*)

そして海沿いに何やら変わったオブジェが・・・と近づいてみると。

よく見るとこれは砂浜でだいこん“日光浴”させる為の柱です。
毎年恒例、浅漬けたくあん「まいるど」の出荷のために行われております。

なぜ浜辺で大根を干すのか?との事ですが理由は風通しが良く、水分が抜けるのが早い為。
海風が常に吹くため真冬でも凍る心配はないそうです。
寒くなるほど大根の辛さが甘味に変わるという理由なんですね。

  

これを見るともう今年もあと僅かだな、と思わされます。

それにしても今年のタクアンも楽しみですね(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です