バレンタイン試作

昨日は上着のいらない陽気でしたが

今日は寒さが身に染みますね。

節分も終わり、次はバレンタインデー

我が家の小学生の娘も毎年、友チョコを配り歩いています。

いつからなのでしょう 女子同士で交換し合う風潮になったのは?

私が大昔、乙女だった頃は(そんな頃もありました(^^;))

恋心抱いている男子に想い込めて

ドキドキしながら渡した本命チョコが主流でしたが。

だいぶ前から友チョコが主流だそうです。

今年はどうやらメレンゲ菓子に挑戦するそうで、クックパドでレシピを検索

私はキッチンが荒れるのを防ぎたく助手に付きました。

青いお菓子ってあまり美味しそうには見えませんが、そこは黙って見守ります。

レモン汁がなくて省いたせいかなかなかフワフワにならず

相当時間をかけてガーガーとまぜていました。

ようやく焼きの工程

メレンゲ菓子とは口に入れるとシュワシュワ~溶けて甘味が広がりますが

砂糖が多かったのかベトベト(;´_`;) かるめ焼きのようなものになってしまいました。

余った卵黄では適当な分量で作ったクッキー

クッキーではなくソフトサブレのような仕上がりに。これはまあまあかな。

まぁ試作なのでいいか~

次はもっと上手に作れるよと励まし本番へ挑むそうです。

バレンタインという行事にはできれば係わりたくない私どもからすると

微笑ましいことです。ちなみに、本命チョコ・友チョコ

不況で不振の義理チョコの他にも家族に贈るファミチョコ

お世話になった人へ贈る世話チョコなどあるそうです。

バレンタイン商戦は次々と考えますね!

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です