電車にのって「うみがたり」へ!

サクッとお盆休暇のお知らせをしましたが、
この写真、、、驚かせてしまいスミマセン。

鈴木です。
この生物にはびっくりです。

「くちびるがある~~!!」
「鼻からなんか出てる~~!!」

もうコワすぎです。
こんな生物と街角でばったり出会ってしまったら
キャーッ!ですよ。泣きますね、カンゼンに。

本当に海ってすごいです。
こんな生物が普通にいるのですから。

先日、新潟県民には話題の上越市立水族博物館
「うみがたり」へ行ってきました。

▶▶ 水族博物館「うみがたり」

湯沢店のスタッフでは、樋口さん、笠原さん、釼持さん
がすでに行っていて、軽井沢店のスタッフ高橋さんも
行っているようです。

▶▶ ひまわり軽井沢店ブログ

今回はめずらしく電車にしてみました。
下の写真は「北越急行・ほくほく線」からの車窓です。

青春時代をともにした女友達と電車で1時間半。
田園風景を楽しみながら、おしゃべりが尽きません。
車内販売はないので、ビールとおつまみを買わずに
乗り込んだことに若干後悔しました、、、苦笑



マゼランペンギンの水槽。
密集帯が苦手な私は、このペンギンの水槽も
直視できませんでした。



陸に上がって、そっと目を閉じました。
寝ていらっしゃいます。
友達から「飛べない鳥」と説明されてからは、
頭の中で「飛べない豚」=「紅の豚」(ジブリ映画)
の映像がずっと回っていて、ペンギンそっちのけでした。

ひと足先に行った笠原さんが「美味しそうでした~!」と
言っていたイワシの大群が見える水槽はこれだなと立ち止まり、
確かに私も聞かれたら「美味しそうだった」と答えるに違いない
と心の中でうなずきました。
もう無邪気な子供の心を忘れてしまったとのだと
改めて気がついた場面でした、、、

全国でも5ヶ所しか見られないシロイルカ。
まわりの子どもたちは歓声を上げていましたが、
私は目の前に来てくれて、立ち泳ぎを見せる
この人間よりはるかに大きな生き物に言葉を失いました。
人間とは違う圧倒的な生き物感。
なんかすごい。

ちょっと引き気味になっている私には、
この水中にいる白い生き物と目が合ったら
魂が吸い取られそうだと、水槽から一歩離れましたね。
神がかって見えるのは私だけでしょうか。

そして次に現れるは、こちらさんです。
もうホラーでしかなかったですよ。
名前も記憶できなかったほど、ビビリましたね。
くちびるがあるんですよ。
鼻からもなんか出てる・・・
わーわーわーーーー。
しかし今思えば、なんていう魚なんでしょうかね。
名前だけでも覚えてくれば良かったと後悔。

そして私のお目当て「チンアナゴ」
ホッとします。
釼持さんが見せてくれた写真より姿を現してくれています。
ただ、チンアナゴの水槽は表示版もなく、
出口付近にそっと置かれているので、最初は見つけられず、
チンアナゴを探すために館内を2周しました、、、苦笑

別角度からもう一枚。
水槽に近づくと、スッと潜ってしまいます。
出る、近づく、潜る、その繰り返しです。
絶対勝てない「モグラたたき」のようです。
奥ゆかしくて可愛い(笑)

こちら、うみがたり館内にあるテラスです。
大水槽と日本海の水面が一体となった空間です。
ここで日本海に沈む夕焼けを望めたら感動するだろうなぁ~
と思いましたが、この季節の日本海日没時間は18:45頃です。
帰りの電車の時間もあったので、
今回は青の景色だけ見て、心をリセットしてきました。

うみがたり。
美術館のような、水族館です。
水族館・水族館していないので、大人でも楽しめます。
久しぶりに人間とは全く違う生き物に触れて
自分の中の新しい感情に気が付きました。
「生き物スゲー・・・」
時間が経った今、楽しかった感情しか残っていません。
また涼しくなったら行ってみたいなと思います。

++++

8月末までは特別企画乗車券が出ています。
六日町駅から、水族館のある直江津駅までの
往復切符が1,800円(大人)です。
通常運賃は往復2,340円(大人)です。
この切符には、うみがたり入館料200円引きの
クーポン券もついているので、
ぜひチェックしてみてください。
(入館料通常1,800円→割引後1,600円)

ご注意頂きたいのは、越後湯沢駅から六日町駅までは
通常料金(片道320円)が別途掛かります。
そしてこの特別乗車券は、ほくほく線の車内でしか
購入できないので、電車に乗ったら車掌さんにて
お買い求めください!

▶▶ 特別企画乗車券「ほくほく・うみがたり往復切符」

最後にもう一度告知させてください。
ご迷惑をおかけすることもあるかも知れませんが、
8/17(木)朝9時から通常営業していますので、
よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です