アーバンヴィラ湯河原

直訳すると都会的な別荘となるアーバンヴィラ湯河原は、現在一番問い合わせの多い物件です。

木造3階建ての区分所有建物という、一風変わった物件。
延べ床面積は100㎡以上、管理費・修繕積立金の合計は月額13,000円
広いウッドデッキがあり、駐車場は屋根付き。
極めつけは区分所有でありながら、薪ストーブ付き。

車庫は普通車でも十分のサイズですが、物件までの道がかなり狭いので小型車がおすすめです。


広いウッドデッキ。こちらは共用部なので、数年前に建物全体で交換しています。

室内も広ーい!薪ストーブは過去に使った形跡がありませーん。

2018年の営業は明日までですが、明日でもご案内可能です!
ご検討くださーい。

初日の出

宇賀です。

冷え込んできました・・・

足が冷たくて、仕事しながら足の指を動かしています。

 

さて、年の瀬も迫ってきました。

初日の出は何年も見ていませんが、

湯河原・真鶴の初日の出スポットをご紹介します。

海から上がる初日もいいですが、高台からも見てみたいですね。

それなら、星ヶ山公園でしょうか?

さつきの郷がある場所ですが、普段はひっそりとしてます。

アネスト岩田ターンパイクは、富士山と初日の出が楽しめるスポットです。

朝日に染まる紅富士が見れるかもしれませんよ!

真鶴はやはり半島です。

三ツ石とのコラボは拝みたくなる景色ですね~

今年の年末は寒いらしいので、お体にお気を付けください!

 

甘酒♬

天渡(テント)です。

こうじを準備します。

おかゆを作ります。

温度を下げる為、放置します。

約60度になりましたら、こうじを入れます。

時々混ぜながら約55度の温度を保ちます。

最近は便利なマシンが売ってます。

温度を一定に保ってくれます。

そして、、、

約8時間後に完成です。

美味しい甘酒が出来ました♬

明日も宜しくお願い致します。

第29回湯河原温泉オレンジマラソン


連休中日の湯河原は時折強い雨も降っていました。
クリスマスイブでもある、連休最終日は晴れの予報です。


湯河原への通勤のために以前よりも1時間ほど早く家を出なければならず、なかなか早朝ランニングができていません。ここは強制的に走る理由を作るために、3月31日にある湯河原温泉オレンジマラソンにエントリーしました。
3km、5km、10kmという3種類の距離です。10kmにエントリーしました。
当日使える無料の温泉券もしっかり活用して、マラソンと湯河原温泉を堪能してきます。

楽しみです!

まだ先ですが、梅の宴・・・

宇賀です。

なにやらテレビから良からぬニュースが聞こえてきました。

冬将軍が居座る・・・ 最強寒波が・・・

凹みます。

 

先日、観光協会の方から、暖かそーなポスターを頂きました。

店舗のガラス面に貼ってから気付いたので見辛くてスミマセン。

来年の2月から開催の「梅の宴」

今年のポスター素敵です。

梅が満開で、香ってきそうな、暖かそうな光景に

「ひゃぁ~~~」と心が温かくなりました!

 

手配り用チラシの方は、平松礼二先生の絵です。

夜の梅林でしょうか?こちらも素敵!

たくさんのイベントがありますので、楽しみですが

この冬を乗り越えないといけませんね。

第95回 箱根駅伝

暖かかな朝でした。通勤路の酒屋さんはスポーツ好きなのか羽生結弦選手の新聞の切り抜きが貼ってあります。今朝は箱根駅伝のポスターが貼ってあったので、思わず写真を撮ったところ、気のいい店主さんに「欲しいならやるよ!」とお声かけいただき、遠慮なく頂戴してきました。

子供のころはお正月にやっている箱根駅伝は全然つまらなかったのですが、だんだんとその面白さがわかるようになり、ここ数年は時間が許す限り見ています。

今回はひまわり箱根店ができて初めての箱根駅伝です。
このポスターは近々箱根店へもっていって貼りたいと思います。

楽しみですね~~!

クリスマスのグッズ

宇賀です。

最近はテレビからクリスマスな音楽がよく流れてきます。

なんの予定もないのに、ちょっとワクワクしてしまいますね。

 

さて、湯河原スイーツファクトリーのチボリさんでは、

素敵なクリスマスグッズが販売されています。

湯河原店&自宅では、クリスマスツリーを飾る習慣はありませんが

これなら飾りたいですね~

イタリアのチボリ市から輸入しているそうですよ。

湯河原駅から徒歩約3分です。

お菓子工場見学と体験コーナー、クッキーバイキングなど楽しめますよ。

歳の市へ

気が付けば、2018年も残り半月を切りました。
この前妻が私の今年の目標ってなんだっけ?と言っていて、呆気にとられました。これから達成するつもりでしょうか?

年の瀬の風物詩、歳の市に寄ってみました。
15日にあった五所神社です。

お昼過ぎでしたので、屋台も準備中、お客様もほとんどいませんでした。

気のいい店主さんが「だるまどうだい?」って声を掛けてくださり、思わず「じゃ、一個下さい!」って言っちゃいました。

だるまは願い事を念じながら、片目に目を入れ、成就できたら、もう片方に目をいれることになるかと思います。

年が明けたら、願いを念じながら、目を入れさせていただきます!